神崎美柚のブログ

まあ、日々のことを書きます。

女戦士と猫 第五話「想い」

昨日、朝早くにアランとルゥが出て行った。徹夜して待ったけれど、戻らなかった。 ──私は、アランの事が好きなんだと思う。アランが孤児院に私と共に送られた理由を作ったのが例え私でも、その想いは変えれない。変えたくてももう無理なのだ。 あいつらが私…

女戦士と猫 第四話「レーナ姫」

翌朝。カナお手製の朝食を食べる。シリウスさんには劣るが、やはり最高だ。「あれ? フィーナは? 」 「あんた達と違って本当に真面目よ。戦士用の剣を持って特訓しているのよ。なんでもお父さんが戦士だったらしくて」 「胸がでかいだけのがさつ女か……」 「…

女戦士と猫 第三話「男達の事情」

カナの目の前ではふざけているし、お酒をがぶ飲みするけれども、酒場にはきちんとした用がある。ここは、何とか生き延びた王宮関係者が仮の住まいとして利用している。その人達から訓練生でありながらも生き延びた自分たちが情報を受け取っているのだ。──殺…

女戦士と猫 第二話「過去」

早速特訓が始まった。変態たちは作戦会議と称して酒場に行ったため、カナが指導してくれることに。本当に役立たずだな、あの変態達。「シリウスは戦士たちが扱う剣の中で一番身軽でさ、危ないんだよね。まあでも特訓すればきっと大丈夫」 「きっとって……」 …

女戦士と猫 第一話「きっと頼れる仲間たちとの出会い」

私は、両親を失った。大災害が村を襲ったのだ。私だけ、生き残った。それは、とても虚しくて、悲しいことだった。「なあ、君」 「……なあに? 」 振り向くと猫がいるだけ。なんだ、幻聴か。 しかし、その幻聴はさらに続いた。「レコンワールドを救ってほしい…

今年のブログ

ベリー☆ハート 女戦士と猫 ヴェル伯爵夫人の罪深き一生 この3つを完結させたいと思います。 ベリー☆ハート以外は小説家になろうからの移動です。がんばりたいと思います。

ベリー☆ハート 第一話「新しいお友達」

「千穂、いつまで見てるの? 」 「あっ、ごめん」 私こと、名取千穂は夢見る乙女。親友の種草灯に毎度怒られながらも、大好きなサッカー部の川島くんを教室からこっそり見つめている。「本当に好きだよねえ。もう何年だっけ? 」 「やめてよ、もう」 私たち…

今後のこのブログについて。

週に一度、更新します。小説家になろうで掲載してるような暗いお話ではなく、恋愛ものに挑戦したいと思います。 来週の月曜から毎週月曜更新にします。

メガミ様 第二話 連続殺人事件─9月27日~9月28日─ side.?

昨日殺した女でもダメだった。 2年前、半殺しにしたからとどめを刺したのに。 全く何の感情も思い出せなかった。 あの女に対して、私は何を思っていたのだろうか。 憎悪? 嫉妬? 嫌悪? 好意? ああ、思い出せたらいいのに。27日。 今日は2年前に聴力を失わ…

メガミ様 第二話 連続殺人事件─9月27日~9月28日朝─ side.優太

昨日、殺されたのは元3-2の小泉茉莉愛。彼女はいじめグループのメンバーで、当然のごとく元3-2メンバーは警察に呼ばれたらしい。しかし、いじめグループはけろりとしていたものの、それ以外の子たちは2年前のことを思い出し泣いたり吐いたりと大騒ぎだったら…

メガミ様 第一話 行方不明─9月27日~9月28日朝─ side.叶

私は優太にメッセージを送り、美佳の住むマンションに向かう。美佳は私や遥香の親友。家出した遥香と一緒にいたらしい。でも、その遥香が昨日からいないとか。「美佳、私だよ、叶だよ」 「あ、叶」 美佳はいつもの笑顔ではなく、疲れた顔をしていた。側にい…

メガミ様 第一話 行方不明─9月26日─ side.?

私は、今日も人を殺す。 悲しいという感情、 ツラいという感情、 怖いという感情、 それらを思い出すために。「きゃあああ! 来ないで、来ないで、──! 」 私は、彼女が叫ぶ名前を理解できない。私は感情と共に記憶もなくした。「嫌、いや、いやあああああ!…

メガミ様 第一話 行方不明─9月25日~26日─ side.優太─

「ねえ、優太。女神様って……信じる?」 幼なじみの木戸遥香に突然そんなことを言われたのは3日前のこと。その時、俺は鼻で笑った。 ──遥香が、この時、助けを求めていたなんて知らずに。 3日も学校に来ない遥香。あの時、遥香は無理にそうだよね、と笑ったの…

ワガママ・プリンセス 第三話「舞踏会(上)」

今日は舞踏会。頼んでいたドレスはガートリが持ってきてくれた。ヒメアの前で試しに着てみる。 そこに、お母様が現れる。あら、どうしたのかしら。「そんな派手で、しかも露出の激しい服をよく着れるわね」 お母様の目は冷たい。そんなお母様はきっちりとし…

ワガママ・プリンセス 第二話 新しい執事さん

「新しく執事として、王女様のお世話をさせていただきます、ジョウェルです」 にこりと微笑むイケメン。朝から、紅茶を持ってきてくれたとてもいい人。誰かさんとは違ってね。「ジョウェルは何歳なの? 」 「……21ぐらいです。自分、拾われたのは大飢饉の真っ…

ワガママ・プリンセスについて

久しぶりに復活いたしました。スマホをWi-Fiにしないとスマホじゃ見れないのですが、気づいたのがこの間です。バカですね、私。 復活して早々、新しい小説ですがシリアスはあまりないファンタジーものです。シリアス以外の練習みたいなものですね。登場人物 …

ワガママ・プリンセス 第一話「ドS執事とお買い物」

私は朝起きると、枕元のベルでヒメアを呼び出した。──私の名前はリトア。ルナティ王国の可憐で可愛らしい王女様。今日も優雅な朝を……。「王女様、目覚めの紅茶を持って参りました」 「……な、ガートリ」 「どうされましたか? もっと熱めの紅茶がお好みですか…

これからについて

とりあえず、VOCALOID学園を書き上げたいと思っていますが、なかなか難しいです。ハワイ編はかなり端折る可能性もあります、ごめんない美しき悪魔は構成だけ考えておきます。

VOCALOID学園 第28話「消えた少女」

私はいつもどおり目覚める。そして、声をかける。 「おはよう、リリィ」 でも返事がない。早起きのリリィにしては珍しい。しかも高等部の入学式なのに。 「・・・?」 起き上がってリリィのベッドを見るものの、誰もいない。お散歩?と思ったが、リリィの机…

VOCAOID学園 第26話「さよならのバレンタイン」

もう、最後にしよう。私はそう決めてマユとは別に一人でチョコを作る。 「レンくん、喜ぶかな・・・」 少しさびしい。 今年も朝からデル先輩へチョコ渡しが凄いのでネルたちの部屋にいた。 「私たちは友チョコ交換だけだねえ」 「うん、でもリンちゃんとか中…

VOCAOID学園 第25話「ハッピー☆クリスマス」

VOCALOID学園 第24話「会長は誰!?」

「後はよろしくなのでーす」 「なのでーす」 ミキ先輩たちが生徒会を仲良く引退した。 「やっと馬鹿が消えたぜ」 「ダン、タバコだめだよ」 「シガレットだっつーの」 ただ、問題なのは会長。ハクもネルも鳥音も目をそらしている。 「ミ、ミクが適任じゃない…

VOCAOID学園 第23話「疑惑の文化祭」

「理事長、今年も成功させます!」 「おお、任したぞ」 私たちは文化祭が始まる前に理事長の部屋へ。理事長は笑顔で迎えてくれた。ミキ先輩の挨拶が終わり部屋を出た。 「ピコくん、緊張したよ~」 「ミキちゃん、大丈夫だよ。いつも可愛いから」 「んもう、…

VOCAOID学園 第22話「2人の進路」

「おい、そこのバカップル」 「ん?」 ミキちゃんと久々にポッキーゲームをしていると、マキさんが呼びにきた。 僕がマキさんに目をやってると、ミキちゃんが先に食べ終えた。つまり・・・。 「ぬわああああああ!」 メモを置いてマキさんは疾走した。 「ピ…

VOCALOID学園 第21話 ハッピー☆サマーバケーション~そうだ、ハワイに行こう!~

「ねえ、お父様。レンくんを連れていってもよろしいかしら?」 「はっはっはっ!構わないよ。マユが好きな人なら尚更だ。もし付き合いだして結婚も考え出したらあちらの家族ともハワイへ行こうではないか」 「それ素敵ね!」 夏休み。私たちの家族は毎年恒例…

VOCALOID学園 第20話 ハッピー☆サマーバケーション~そうだ、海に行こう!~

「うへえ、私だけぇ?」 「ミク、頑張って」 「うぅ・・・」 この学園は勉強熱心ではないため、特に成績の悪い者のみ夏休みに補習があるのだ。ちなみに始業式は9月になってから。 私はなんとか補習に通う。(夏休み中はネルたちの部屋に泊まらせてもらって…

VOCALOID学園 第19話 「がくぽの選ぶ道」

神威がくぽ、36歳。4月からテトと入れ替わるようにニートとなってしまった。カイトが元々住んでいた家を譲ってくれたから助かった。なにせ、今まで黙っていた両親が「家を出ていけ」と拙者に突然言ったのでござるから。 「ところで、がくぽ。僕を何で呼び…

VOCALOID学園 第18話「U」

「テレビに出れるよ~」 マネージャーの琴葉葵さんがそう告げ、入ってきたのは2枚目をどうするかと話し合っている最中だった。 5月。少し鬱(いわゆる五月病?)なテトさん以外目を輝かせた。 「おおっ!」 「デビュー曲がかなり売れたから今度出してもら…

VOCALOID学園 第17話「揺れる恋ゴコロ」

「レンくん~!」 マユがレンくんにくっついてる。私は寝不足でくっつかない。 「リリィ!どうしたの?テスト、自信ない?」 「う、うん・・・まあね」 「ん、でも大丈夫だよ!」 「とにかく寝させて・・・」 変なの、とマユは呟きレンくんの元へ戻った。 最…

VOCALOID学園 第16話「トラブル転入生」

「レンくん!今年も一緒だねっ」 「あ、うん」 「・・・レン?二股しないでね」 「リン、そんなことしねえよ」 「ふふっ、冗談だって」 私はいい気分じゃなかった。マユに対するレンくんの反応がどんどん変わっていく。マユのことを好きになってる。やだっ・…

美しき悪魔 第6話「裏切り」

「え?力を戻せ?何を言ってるんだ」 「中流悪魔・セイラント=アグスフォーンとレイラント=アグスフォーンが人間界を破壊しようとしているのですよ」 「・・・知らんぞ。お主が死んでも」 「構いません」 マーチュリアルは眩い光に包まれた。そして、現れ…

美しき悪魔 第五話「崩壊」

わらわは自分が強い、ということを自覚しておった。じゃが、セイラはそれ以上じゃった。 『きゃはははは!どうしたのぉ?なまっちゃったかなあ?』 しかもみちるという小娘も遂に悪魔になった。これはマズイ。 わらわは35回以上戦っているが今回は・・・負…

美しき悪魔 第四話「全面対決」

マーチュリアルらしき人はニヤリと笑った。 「確かにわらわは殺人鬼じゃった。じゃがのう、わらわは妹が亡くなってから初めて命の大切さを知ったのじゃ」 『「だから?」』 「わらわは妹と同じく床にふせっている少女につくことを決め、悪魔をやめたのじゃ。…

美しき悪魔 第三話「連続殺人」

次の日。下駄箱で靴をはきかえてると、早起きで有名な根本さんの靴がなかった。 「あれ・・・根本さんがいない」 「・・・根本さんとかテニス部メンバーは先輩も含めて行方不明らしいよ」 嗚咽をあげながら必死に説明してくれる女子。そして、嗚咽をぴたりと…

美しき悪魔 第二話「因縁の対決」

調理室に行くと戦いはまだ続いていた。ただ、敵の方が圧倒的に勝っていた。 「大久保!お前も来てたのか」 「春樹・・・」 「会長はほら、メンツがあるから来れねえ」 「そう・・・」 春樹はツラそうだった。麻智子に一目惚れしているだけある。 『ほらほら…

美しき悪魔 第一話「妖しい転入生」

2年1組は今日も賑やかで楽しかった♪、と私は日誌に書き込む。麻智子たちを待たせているので急がなければいけない。 『放置すればいいじゃなあい?そうすれば楽になれるわ』 「・・・うるさいなあ」 悪魔が脳内で囁き始める。 『あらあらん?そんなこと言わ…

メイコの青春ライフ 第一話「幼馴染み」

※VOCALOID学園のメイコ、カイト、テト、がくぽの中学生時代のお話。ちなみにこの当時、入学前にテストはなく普通の学校と同じわけかたをしていた。 今日は璃々杏学園中学部入学式。担任は誰かな。 「担任のミリアです。ええと、今年教師になったばか…

魔法学院探偵部 第5話「謎の恋文事件」

穏やかな日々が戻った。新学期も始まった。私のスマホにはしばらく先輩から連絡が来ていない。 「心配?」 「ん、まあねー。恵美子こそどうなの?」 「最近、読めてなかった推理もの全部読めちゃった。それぐらい暇になっちゃってさあ」 恵美子とは毎日一緒…

魔法学院探偵部 第4話「図書館に潜む謎・解決編」

とりあえず私達は図書館にある閲覧室へ。 「ええ!?恵美子さんが依頼を!?」 「ん、まあねー」 「ローザ、か・・・」 先輩は本当に美女に弱い。恵美子さんが先輩の脇腹をつねってたため先輩はナンパしなかった。しかしそれを知ってたのも初対面じゃないか…

魔法学院探偵部 第3話「図書館に潜む謎・調査編」

私は今日、先輩と一緒に図書室館に来ていた。ちなみに私は梅田さんたちの協力の元、全快した。 しかし何を調べるんだろう? 「先輩ー!何を調べるんですか?」 「少し黙れ」 ここの図書館は広い。ヘタしたら迷子になる。 目の前にゴスロリの服を着たお人形さ…

魔法学院探偵部 第2話「連続通り魔事件・解決編」

博士の研究室に移動し、その優れた(?)パートナーを見せてもらう。 「これが記念すべき001。ペニシリンちゃんって今は呼んでいるわ」 「ふむふむ」 一応私はメモしていく。 「002、003。そして今はいない004」 すると奥の部屋から3人出てきた…

魔法学院探偵部 第1話「連続通り魔事件・発生編」

「あー暇やねえ」 「先輩。それを平和って言うんですよ」 「分かっとる」 魔法学院という魔法を専門的に学ぶ学校。そこにある部員2名の小さな部。それが探偵部。 先輩、と私が普段呼ぶこの男の名は上原裕二。なぜか方言を巧みに話す。 あ、私の名は練磨楓。…

お知らせ

明日から新作書くよ~! 大体決まってます・・・はい。読者3人とか嬉しいです、ありがとうございます ところで4月11日に登山するとか学校は何を考えているんでしょうね。本当にわからんわwww

VOCALOID学園 第15話「ホワイトデー」

ルカ先輩がいなくなった。大学部に進学しない生徒の荷物が寮から消えた。あたしは少し寂しい。 「うへえ、あたし3年生になったら先生のクラスなんですか?」 「文句言わない。僕は嫌かもしれないけど、友達がいるでしょ」 「うーん、そうだけどさ」 「では…

VOCALOID学園 第14話「お別れ(後編)」

パーティの食事は全て、ミキ会長が用意してくれることになった。最初は「え~私の料理、ピコ君のためなんだけど・・・」とぼやいていたものの、「ミキちゃんの料理、美味しいからみんなにも食べてもらいたいよ♡」「ピコくん♡」「馬鹿じゃねえの?」となり、…

VOCALOID学園 第13話「お別れ(前編)」

今日は卒業式。終わったら、生徒会メンバーとお別れ会をすることになっている。 「思えば私、クラスメイトに何にも誘われてないわね・・・」 生徒会に誰も参加したがらなかったのは、私を皆が高嶺の花として尊敬しすぎたということからというのもだいたい分…

VOCALOID学園 第12話「バレンタイン騒動」

「今年も年に一度の辛い日がやってきたでござる」 「はいはい。義理チョコもってきてやったわよ。義理をね」 「あ、あんまりでござる」 「朝から人んちに押しかけておいて・・・!何様じゃあ!」 「テト殿~落ち着くでござる~」 「テトはチョコ作れないんだ…

VOCAOID学園 第11話「クリスマス会~恋の行方~」

「めーちゃん、教師なのにそんなに飲んでたらまずいよ」 「いいって」 「飲みすぎですよー!」 「CULの言うとおりですよ。私もそう思います」 私やカイト、がくぽは「U」のメンバー(重音テト、CUL、健音テイ、巡音ルカ)と共にこのクリスマス会を楽…

はてなブログおみくじ2014

はてなブログおみくじ2014うぎゃ