神崎美柚のブログ

まあ、日々のことを書きます。

今後のこのブログについて。

週に一度、更新します。小説家になろうで掲載してるような暗いお話ではなく、恋愛ものに挑戦したいと思います。
来週の月曜から毎週月曜更新にします。

メガミ様 第二話 連続殺人事件─9月27日~9月28日─ side.?

昨日殺した女でもダメだった。
2年前、半殺しにしたからとどめを刺したのに。
全く何の感情も思い出せなかった。
あの女に対して、私は何を思っていたのだろうか。
憎悪? 嫉妬? 嫌悪? 好意?
ああ、思い出せたらいいのに。

27日。
今日は2年前に聴力を失わせた女とその恋人を殺した。

「泣いてばかりで気持ち悪い」

彼女のその声ははっきりと覚えている。
きっと、私は彼女に対して嫌悪を感じたのだろう。
分からない。分からないけれど、殺さないとダメな気がする。

28日。
酔っぱらった男を見つけた。ああ、あいつだ。私を殴ったあいつだ。2年前に片足を悪くさせたのに。
殺さなきゃ、殺さなきゃ、殺さなきゃ、殺さなきゃ、殺さなきゃ──

メガミ様 第二話 連続殺人事件─9月27日~9月28日朝─ side.優太

 昨日、殺されたのは元3-2の小泉茉莉愛。彼女はいじめグループのメンバーで、当然のごとく元3-2メンバーは警察に呼ばれたらしい。しかし、いじめグループはけろりとしていたものの、それ以外の子たちは2年前のことを思い出し泣いたり吐いたりと大騒ぎだったらしい。
 ──このことは篠原からLIMEで聞いた。怒っているようで、直接会う気はない、と締めくくられていた。

「誠。遥香に疑いはかからなかったのか? あの場にいなかったし、アリバイもない」
「警察も昨日のそれ以外のメンバーの様子を見て絶対違う、と確信したらしい。それ以外のメンバーは元いじめグループに会ったり思い出したりするだけで吐き気がするとのことだ。遥香は特にヒドいってさ。精神科に通っていたらしい」
「へえ」

 篠原は怒っていたが、誠は全然違った。そのため、中央通りからかなり離れた誠の家にお邪魔している。母さんも安心だ。

遥香……無事だといいな」
「お前ら付き合えばいいのに」
遥香は俺みたいな男は好みじゃない。幼なじみから進めはしないさ」
「へえ」

 ニヤニヤした顔つきで見てくる誠。何でそんなにくっついてほしいんだ?
 遥香の好みはスポーツのできるイケメン。だから絶対俺じゃない。

「殺人事件が起きてるからうろついたら危ないし……」
「お前の母さんは心配性だからな」
「……あ、ああ」
「出来ることと言えばこれ以上探らないことだ」
「……は? 」
「叶が怒っていたのはお前の2年前の態度のことだ。女子は女子の世界があるとはいえ、お前は幼なじみが傷ついているのに気づかなかった」
「……そう、なのか? 」
「ああ」

 つまり、篠原は俺に探る資格はないと言っているのだ。幼なじみである俺は頼れない、と。

 その後、気まずくなり、俺は誠の家を出た。住宅街を抜けたところにある西通りは活気あふれる町のはずだが、中央通りの殺人事件を考慮してか店は閉まっているのが大半。

「犯人は捕まっていないわけだから早く帰らないと怒られそうだ」

 自転車に乗り、さっさと家に戻る。俺は卒業アルバムを引っ張り出し、改めてきちんと3-2を見る。
 ──集合写真が、ない。個人個人の写真もないのが大半で、いじめグループに属してそうなチャラい感じの奴らは笑顔で写っている。
遥香はよく見ると笑顔ではなく、作り笑いだった)

「……書き出してみるか」

『・網島省吾
 ・磯部久友
 ・植村庄司
 ・小泉茉莉愛
 ・白魚菜々
 ・不知火灯
 ・瀬尾梨々花
 ・西内茜
 ・西口研吾
 ・南田琢磨』

 ──たぶん、人数的にいじめグループだろう。しかし、写真は違和感があった。9月頃撮ったはずなのに10人は夏服じゃなかった。他の人もそうだ。

「そんなにいじめはひどかったのか? 」

 気になるばかりだった。

 翌日。学校を休みたい気分を堪え、学校に行くとなぜかクラスの女子にいきなり手を引っ張られ、体育館の陰に連れて行かれた。

「ねえ、土谷君。2年前のことを探ってるんだって? 」
「あ、うん……」
「ほんと、やめてくれないかしら」
「……どうして? 」
「まあ、私のことを忘れたのね。水島香織。中学校一緒だったじゃない」
「……そうだっけ」
「とにかく、関わらないで。全てを知って絶望するのはあなたなのだから」
「え」
「私は何となく察してるけど、あなたなら吐きかねないわね」

 そう言い残し、彼女は去った。なぜ、ここまでして止めるのだろうか。

メガミ様 第一話 行方不明─9月27日~9月28日朝─ side.叶

 私は優太にメッセージを送り、美佳の住むマンションに向かう。美佳は私や遥香の親友。家出した遥香と一緒にいたらしい。でも、その遥香が昨日からいないとか。

「美佳、私だよ、叶だよ」
「あ、叶」

 美佳はいつもの笑顔ではなく、疲れた顔をしていた。側にいてあげないと。

「美佳。今日は泊まるから」
「ありがとう。──遥香、どこに行ったのかな」
「捜しに行くとか言いかねないから側にいるね」
「すごく助かる……」

 2年前の事件により、元3-2のメンバーは大半が高校に行けていない。噂によれば、転校しても上手くいかなかった子もいるとか。
 美佳もそうで、母親とここで二人で暮らしている。母親は夜遅くまで働き、美佳をサポートしている。

「小泉茉莉愛がまさか今更殺されるなんてね……」
「そういえば、加護愛梨と流翼とつるんでいたっけ? 」
「3人は主に金銭の巻き上げ担当だよ。2人は2年前に殺されたけど」
「へえ」

 私は遥香とお昼休みによく会っていたし、噂はよく聞いていた。やたらと静かな教室。教師も淡々と授業をしていたらしい。
 男子はこういう噂をまったく耳に入れない。あいつもそうだ。誠の親友じゃなければ話だってしたくない。

「怖くて昨日帰ってきてから外に出れてないの」
「そうだよね。よし、お昼ご飯にしよう」
「久々の叶のご飯! 嬉しいよ」

 少しだけ笑顔が戻った。よし。美佳の好きなスパゲティを作ろう。

 昼食後も、私達は明るく過ごそうと努力した。遥香に悪いから。だから明るく振る舞った。

 翌朝。学校があるので早起きすると、美佳がいなくなっていた。美佳は学校なんてない。なのに……。

「どうしよう、探さないと」

 私は無断欠席して誠に心配かけたくないのでLIMEする。少しキツいから、と。

私はとりあえず、美佳のマンション付近を捜した。東通りをうろつくが、小学生とかサラリーマンしかいない。私服姿の高校生なんているはずもない。

 どこなの、美佳!

メガミ様 第一話 行方不明─9月26日─ side.?

 私は、今日も人を殺す。

 悲しいという感情、
 ツラいという感情、
 怖いという感情、

 それらを思い出すために。

「きゃあああ! 来ないで、来ないで、──! 」

 私は、彼女が叫ぶ名前を理解できない。私は感情と共に記憶もなくした。

「嫌、いや、いやあああああ!! 」

 泣き叫ぶ彼女を刺し殺す。首に刺す。それでも何とも思わない。楽しい、とも悲しい、とも思わない。

 ただ、覚えているのは2年前もそうだったこと──。

メガミ様 第一話 行方不明─9月25日~26日─ side.優太─

「ねえ、優太。女神様って……信じる?」

 幼なじみの木戸遥香に突然そんなことを言われたのは3日前のこと。その時、俺は鼻で笑った。
 ──遥香が、この時、助けを求めていたなんて知らずに。


 3日も学校に来ない遥香。あの時、遥香は無理にそうだよね、と笑ったのではないか?そう思ってしまう。
 そこで、放課後。生徒会室(俺は一応生徒会の役員だ)に親友を招いて話すことにした。

「んで、その女神様について知りたいのか」
「ああ」
「……女子の間で流行っているとか。俺は信じられないが、そんなのがいるらしい」

 親友の隼誠。俺こと土谷優太とは小学校の時から仲良しだ。
 そして、彼女がいるため女子のこのについてはそれなりに詳しい。(俺の場合、遥香とは友達だからな……)

「ちょっとお、信じられないってどういうことよ!」
「胡散臭いだろ。中学校の時のキューピット様並みにな」
「ううっ」

 いきなり現れたのは誠の彼女、篠原叶。やかましい奴だが、遥香の大親友でもあるいい奴だ。
 バシバシとひたすらに、彼氏である誠を叩き続ける篠原に詳しいことを聞くことにした。

「なあ、篠原。女神様って……」
「キューピット様のように嘘じゃない、神聖なお方だから。あ、遥香のことならあんたが詳しいでしょ」
「でもな、女子は女子同士での秘密があるだろ、女子特有の」
遥香はそんな子じゃない……ハズ。うん、大丈夫」
「そもそも何で女神様に頼るんだ?」
「願掛け、かな。遥香はね、キューピット様が偽物だと知って一番傷ついていたんだから」
「はあ?」

 2年を越えて告げられた真実にただただ驚愕するしかなかった。
 遥香はクラスの女子がキューピット様、キューピット様、と騒いでいても全く気にしなかった。あんなの面白くない、と。
 驚愕する俺の前に紙が置かれた。電話番号が書かれている。顔をあげると、いたのは黒髪を三つ編みにしている清楚な雰囲気の少女。

「あーーっ!!偽キューピット様!」
「その名前はやめてくださるかしら?私は今、天使(アンジュ)なのよ。見事に生まれ変わったのだから」
「あ?でもよお、叶、偽キューピット様はもっとこう……髪色とか雰囲気が……」
「や・め・な・さ・い」

 笑顔で怒る彼女は去り際、俺に囁いた。

「あなただけに情報をあげるから、電話をちょうだい」

 きょとんとする俺に誠と叶が詰め寄ってくる。
 ──早く捜したいんだが。

「あんな女のことは無視しなさい」
「そうだぞ、騙されたらどうなることやら」
「大丈夫だ。もうこれ以上情報がないんだろ、お前等」

 親友とその彼女は置いてきぼりをくらいたくないため、必死についてくる。鍵を返そうと廊下を歩いていると、ふと屋上に誰かがいるのが見えた。

遥香っ……!?)

 その姿はまさしく、幼なじみの遥香だった。しかし、すぐにいなくなり幻覚だと思うようにした。

 夜。あの偽キューピット様に電話をすることに。もう頼れるのはそこしかない。

「もしもし」
『あ、電話してくれたのね』
「……ええ、まあ」
『女神様の元に行く方法なんてないわ』
「……」
『謎を解くためには、キューピット様事件を調べなさい』

 そう告げると、一方的に切られた。もう一度かけ直しても、繋がらなかった。
 俺は久しぶりに卒業アルバムを引っ張り出し、遥香の写真を探す。──3-2。笑顔の遥香の写真。同じクラスではないため、俺もよくは知らない。
 明日と明後日は休みだ。このクラスについて調べよう。

 翌朝。早起きをしてみたが、両親はまたいなかった。オムライスがテーブルの上にあったので、食べることにする。
 篠原に頼み、旧3-2の一部生徒を集めてもらった。近くのカフェで待ち合わせている。
 食べ終わり、俺はカフェへ。女子率の高いカフェだが、篠原のチョイスなので気にしない。

「あ、来た来た」
「篠原、すまないな」
「こんにちは、牧原です」
「俺は斉藤です。こっちは汐留」
「あ、うん。よろしく」

 汐留という名前の女の子は車いすに乗っていた。手には紙とペン。筆談しかできないのだろう。

遥香ちゃんが行方不明だなんて心配です。私達のせいかもしれないと気が気でありません」
「どういうことだ? 」
「汐留早苗。彼女は陸上部だったんですよ。ひどいいじめにあって聴力を失いましたけど」

 斉藤くんはずっと、汐留さんに手話で会話を伝えている。
 汐留早苗。そういえば、そんな名前のすごい元気な女子がいた。その子なのか?

「3-2はある女子がリーダーでした。彼女は卒業後、どこにいるかは分かりませんけど……遥香ちゃんも傷つけられた一人だと思います」
「……でも、もう2年も昔のことですよね」
遥香ちゃんは、好きな人のことでからかわれ、キューピット様に相談しようとしました。でも、キューピット様はいなくなっていました」
「……」

 もし、女神様について知って相談したとしたら。
 脳裏にそれがかすめた。

「3-2はいじめグループ12人、それ以外が16人のクラスでした。転校してしまい、最終的にはいじめグループ10人、それ以外9人となりました」
「……ん? いじめグループの方は、なぜ……」
「通り魔による殺人事件に巻き込まれたみたいなの。……このぐらいでいいかな」

 3人は青ざめた顔をして、立ち去った。

「……あんた、どうしてこんなことを調べてるの? 私、あまり乗り気じゃないけど……遥香のことに関係あるわけ? 」
「多分……」

 篠原は気味悪い、と言って去った。
 俺が能天気にすごしていた2年前。遥香たち3-2には何があったのだろうか。

「図書館に行くか……」

 図書館の地下。過去の新聞がある。
 とりあえず通り魔殺人事件を調べてみよう。おそらく、ニュースになったとしても、ほんの少しだろう。
──『7月21日に登山に出かけた後、行方不明になっていた女性(24)が遺体となって柏山で発見された。警察は殺人事件として捜査をすすめる方針だ。』
 通り魔殺人事件とはほど遠い気もするが、その次の事件はそうだった。
『女子中学生二人(14)、(13)が中央通りの路地裏で遺体となって発見された。警察は柏山女性殺人事件との関連性を調べている。』
 ……これか。これなのか。
 すると、携帯の着信音がなった。大慌てで図書館を出る。

「はいもしもし」
『優太、早く帰ってきなさい。事件があったそうよ』
「……え」
『中央通りで殺人事件ですって。母さんもそれで心配になって……』
「分かった」

 中央通りとは、図書館の近くだ。俺の家も、高校も、そこにある。

「うわ、本当だ」

 歩いて帰る途中、警察の車にすれちがう。確かに事件は起きたらしい。

「ただいま」

 家に帰ると、心配顔の母さんがいた。

「殺人事件とは物騒だよ……母さんも一緒にいたいけど」
「仕事なんだから、行ってきなよ」
「……」

 しばらく遥香は捜せそうにない。遥香は無事だといいな。

ワガママ・プリンセス 第三話「舞踏会(上)」

 今日は舞踏会。頼んでいたドレスはガートリが持ってきてくれた。ヒメアの前で試しに着てみる。
 そこに、お母様が現れる。あら、どうしたのかしら。

「そんな派手で、しかも露出の激しい服をよく着れるわね」

 お母様の目は冷たい。そんなお母様はきっちりとしたお洋服。またしても参加しない気らしい。付き合いが悪いと他国の王様達に噂されかねないのだけれど、いいのかしら。

「王妃様、その言い方はよくないと思いますが」
「ヒメア、私はそんな服気にくわないわ。今日も参加しないから」
「挨拶ぐらいしてください! 他国の方々も疑ってますよ!? 」

 ヒメアの剣幕に驚くようなお母様ではなかった。お母様は、ヒメアをキッ、と睨みつけると部屋を出て行った。

「ねえ、ヒメア。お母様はなぜそこまで嫌うのかしら」
「……王女様の母方の祖母にあたる方が踊り子だったのですよ。反抗心でしょう」
「変わってるわね」
「しかも彼女はまともに王妃様の育児をなさらず、王族たちのご機嫌取りばかり。反抗したくなるのは分かるけど、引きずりすぎかと私は思います」

 ヒメアはにこりと微笑み、まあ気にすることではありません、と言って出て行った。
 私は外の世界にいた頃のお母様とお父様をあまり知らない。少しでもいいから、知りたいなあ。

 着替えたあと、ガートリに言って調査をしてもらうことにした。グラッサ、メルトリが来る前にお母様を引きずりださないと!

────

 王女様も人使いが荒い。カスティッチオのことを細かく知る人など、そういるのだろうか。うむむ。

「そこのメイド」
「あ、はい? 」
「カスティッチオのことについて聞きたいのだが。特にこの国の王妃様の関連のことを」
「噂話ですけど、王妃様のお父様は豪遊の果てに亡くなったらしいですよ。天才数学者らしくない最後ですよねえ」
「……そうか」

 王妃があそこまで堅苦しいのはそのせいかもしれない。そのあとも噂好きな貴族などに話を聞き、まとめた。
 誰もいない書庫のテーブルでそれを読む。

「……天才数学者と王宮の踊り子は結婚する気などなく付き合い始めた。数ヶ月後、踊り子は体調を崩し、辞めたあと5ヶ月くらいして子供を産んだ。無理をして貴族達の前で踊り続け、挙げ句の果てに蒸発」
「そして、娘の結婚式で自殺したのよ」

 ヒメアさんが横にいた。明らかに、怒っている。

「王女様には伝えるべきではありません。彼女の精神はまだ幼いのですから、傷はつけないでください、ガートリ」
「──はい」

 この事実を伝えれば、怖がる顔が見れるだろう。しかし、ヒメアさんが止めるのならば……やめておこう。